ME10 SoC

4K AV over IPシステム・オン・ア・チップ

 

 

ME10 システム・オン・チップ

ME10 SoC - 4K AV over IP System on a Chip

ME10 SoCは、マクニカのフルスタックAV over IPシステムオンチップ(SoC)で、HDMI 2.0 4K 4:4:4の映像、音声、制御データを1GbEネットワークで伝送し、23×23mmの小型BGAパッケージに収めています。

のように MPA1000ME10は、MPA1000と同様に、最小限のエンジニアリング投資で、あらゆるビデオ製品にIPMXの相互運用性を持たせることができます。しかし、ME10は、大量生産やよりコンパクトな製品に使用するのに最適です。

IPMX: AV over IPのオープンスタンダード

ME10は、プロAV市場向けに開発されたAV over IPのオープンスタンダード「AIMS IPMX」に対応しています。

IPMXは、デバイスの検出と登録、USBとシリアルの拡張、回復力のあるネットワーク性能、サブフレームのレイテンシー、JPEG-XS圧縮を含む相互運用性のための規格で、業界が待ち望んでいた規格です。

ME10は、この相互運用可能なプラットフォームの上に構築されており、すべての製品ラインのための完全なAV over IPソリューションを提供しています。付属のウェブスタックは、RESTfulな設定APIを備えており、ME10の機能に完全にアクセスできます。カスタマイズ可能なウェブインターフェースは、クリーンで直感的です。JPEG-XS圧縮により、真に迫る透明感のあるデスクトップ体験を提供します。

大量のProAVアプリケーションを持つメーカーにとって、ME10は次のプロジェクトを簡単に始めることができます。なぜなら、ME10はMPA1000モジュールの中核となるSoCだからです。 同じ開発キットでが両方のコンポーネントに使用されています。これにより、柔軟性が高まり、採用コストを大幅に削減できます。

AV over IP規格への要求はIPMXを意味します。ME10 SoCは、お客様が期待する性能と柔軟性を備え、その要求に応える力を提供します。

ME10 SoCの特徴。
  • SMPTE ST 2110、AMWA NMOS、JPEG-XS圧縮規格を組み合わせたAIMS IPMXオープンスタンダードに基づく低遅延な同期トランスポート。
  • AES128暗号化
  • RESTful APIとLuaのスクリプト環境
  • Web UI
  • インターフェイス。
    • HDMI 2.0 TxまたはRx(一方向性
    • RGMII
    • USB 2.0 (暗号化)
    • 2 x UART
    • 2 x I2C
    • microSDカードまたはeMMCメモリ
    • 32ビットDDR3
    • シリアルフラッシュ
    • 3 x CLK
  • パッケージ情報
    • 23 x 23 mm Flip-Chip BGA (484ピン)
ME10 SoC